玉造温泉駅の撮影地:城崎温泉発サロンカーなにわ

鉄道ジャーナリスト・中嶋茂夫が綴った「玉造温泉駅の撮影地:城崎温泉発サロンカーなにわ」です。

鉄道に関する取材依頼・講演依頼はこちら

玉造温泉駅の撮影地:城崎温泉発サロンカーなにわ

鉄道ジャーナリストの中嶋茂夫です。

2012年9月24日に城崎温泉発宍道行きのサロンカーなにわを玉造温泉駅近くの踏切で撮影しました。
撮影場所は玉造温泉駅から徒歩で10分ほどの距離で、列車で到着してもお手軽に行くことができます。

場所は踏切近くのガードレールの無い場所の狭い空き地から撮影すると、走行している車を気にせずに撮影できます。
(ただし、安全に撮影できる人数は1人〜数人です)

乃木駅(米子方面)から来る列車も、来待駅(出雲市方面)から来る列車のどちらも狙えます。

乃木駅(米子方面)から来る列車は、200mm〜300mmの望遠レンズで、
来待駅(出雲市方面)から来る列車は、150mmくらいの望遠レンズで狙うと良いでしょう。

下の作例は、乃木駅(米子方面)から来る「サロンカーなにわ」を70mm〜200mmの望遠レンズを使って撮影したものです。
すでに日が落ちかけていましたが、
ISO800 f/4 1/250 -1 EV
展望室の中の様子がわかるように撮影できました。

サロンカーなにわ


玉造温泉駅からの地図は下記を参照にしてください。
A地点が玉造温泉駅。
B地点が撮影ポイントです。


大きな地図で見る