クルーズトレインななつ星の機関車と車両は?

鉄道ジャーナリスト・中嶋茂夫が綴った「クルーズトレインななつ星の機関車と車両は?」です。

鉄道に関する取材依頼・講演依頼はこちら

クルーズトレインななつ星の機関車と車両は?

鉄道ジャーナリストの中嶋茂夫です。

クルーズトレインななつ星in九州の車両は、817系電車の車体に、787系電車の台車を組み合わせたものをベースにして制作する予定です。

客車は、寝台車5両とダイニングカー、ラウンジカーの合計7両編成の客車が新造されます。
製造は、JR九州小倉総合車両センターが1号車(ラウンジカー)、2号車(ダイニングカー)、7号車(DXスイート車両)を、日立製作所が3号車から6号車(スイート車両)をそれぞれ担当します。

予定されている編成
1号車:グランドピアノが置かれたラウンジカー
2号車:ダイニングカー
3号車〜6号車:スイート客室
7号車:DXスイート客室

クルーズトレインななつ星in九州の編成図


寝台個室はスイート12室、DXスイート2室の計14室で、定員は30名(スイート2名、DXスイート3名として計算)。

車両のデザインはJR九州の駅舎や車両のデザインを担当している水戸岡鋭治氏が担当しています。。

牽引機関車はJR貨物のDF200形ディーゼル機関車を九州仕様に改めた車両で、川崎重工業で製造されます。