ななつ星に乗車しました!(12月10日〜13日:3泊4日コース)

鉄道ジャーナリスト・中嶋茂夫が綴った「ななつ星に乗車しました!(12月10日〜13日:3泊4日コース)」です。

鉄道に関する取材依頼・講演依頼はこちら

ななつ星に乗車しました!(12月10日〜13日:3泊4日コース)

鉄道ジャーナリストの中嶋茂夫です。

2013年12月10日(火)〜12月13日(金)に、念願の「ななつ星in九州」に乗車することができました。

ななつ星の乗車に報道記者枠というものはなく、気合いで抽選に当選しました(笑)
ただ、JR九州の発売した3期分は全て抽選から漏れてしまい、キャンセル待ち数百番目という「実質、外れ状態」だったのですが、旅行会社が募集する「ななつ星in九州」のツアーの抽選に当選することができたのです。

ななつ星の乗車記に関しては、ネタばれすると、今から乗車するお客様のサプライズの大きさが減ってしまうので、実際にななつ星に乗車してはじめて感動を味わいたいと思っている方は、この先を読むのが止めた方が良いかもしれません。

この記事では少しだけ触れますが、乗車した方が「おもてなし疲れ」をするほどの「おもてなし」の嵐ということだけは間違いありません。

私なんかは、乗車する前の「専用ラウンジ金星」での「おもてなし」で感動してしまい、乗車する前ですでに「料金の元を取ったかも!」ぐらいの気持ちになったほどです。

ななつ星の専用ラウンジ「金星」
*ななつ星in九州の専用ラウンジ「金星」

家から荷物が1個まで「ゆうパック」を使って無料で博多駅に送ることができるのですが、シティホテル同様、部屋まで運ばれていますし、ラウンジまで運んできた大きい荷物もお見送りの8人のクルーが部屋まで運んでくれます。

博多駅12:47出発で、ラウンジ金星の受付時間が11時〜11時30分なので、1時間以上のレセプションセレモニーの時間が取ってあるということです。
焼酎のゼリーとコーヒーをいただきながら、乗車する7人のクルーと、ピアノ奏者2名、そしてバイオリン奏者1名の紹介があり、乾杯があります。
そして、クルーズ本部本部長、JR九州専務、JR九州社長の3名が各部屋のお客様に挨拶に回るなど、今までの鉄道旅行ではあり得なかったことです。

乗車する前から、良い意味でやられっぱなしの「ななつ星in九州」の旅ですが、旅行ルポもアップしますので、楽しみにしてください。