JR東日本のダイヤ改正の概要:2012年9月29日

鉄道ジャーナリスト・中嶋茂夫が綴った「JR東日本のダイヤ改正の概要:2012年9月29日」です。

鉄道に関する取材依頼・講演依頼はこちら

JR東日本のダイヤ改正の概要:2012年9月29日

鉄道ジャーナリストの中嶋茂夫です。

2012年9月29日、JR東日本は新幹線のダイヤ改正を行いました。
今回のダイヤ改正のポイントは「スピードアップ」と「定員増」。

・東北新幹線:はやぶさ型のE5系車両(10両編成)を新規に5編成投入し、11往復をE5系で運転
・山形新幹線:東北新幹線走行時に併結する車両をE4系(オール2階建て車両)からE2系(10両編成)に変更し最高時速275kn/hにスピードアップ
・上越新幹線:E1系(オール2階建て車両12両編成)からE4系(オール2階建て車両16両編成)に置き換え定員増

の3つが大きな改正ポイントとなります。

▼東北新幹線にE5系増備

E5系を新規に5編成投入することで、「はやぶさ」3往復、「はやて」13往復、「やまびこ」2往復、「なすの」2往復の合計20往復で使用されることになります。E5系の運行開始当初はプレミアチケットだった、グリーン車のグレードアップ版「グランクラス」が、より利用しやすくなります。


▼山形新幹線の東北新幹線走行時のスピードアップ

山形新幹線「つばさ」は2012年3月17日のダイヤ改正時に、東北新幹線走行時に併結する車両をE4系(オール2階建て車両)からE2系(10両編成)に置き換えました。置き換えたのは16往復中9往復に上り、最高速度が時速240km/hから275km/hに引き上げることで、時間短縮を図りました。今回の改正で16往復全ての「つばさ」の最高速度が275km/hにスピードアップされます。
平均到達時間は2分の短縮となります。


▼上越新幹線はE1系が引退

E1系(オール2階建て12両:定員1,229席)で運転していた「Maxとき」4往復、「Maxたにがわ」2往復がE4系(オール2階建て16両:定員1,634席)に置き換えられ、405席の大幅増席となり、着席率が高まります。
また、10月28日に「さよならE1 Maxとき号」のツアーが団体列車として運行されます。

10月28日出発:団体臨時列車「さよならE1Maxとき号」