N700A(N700系1000番代)は2013年2月18日から運行開始

鉄道ジャーナリスト・中嶋茂夫が綴った「N700A(N700系1000番代)は2013年2月18日から運行開始」です。

鉄道に関する取材依頼・講演依頼はこちら

N700A(N700系1000番代)は2013年2月18日から運行開始

鉄道ジャーナリスト・鉄道評論家の中嶋茂夫です。

かねてから、生産開始が伝えられていたJR東海の新型新幹線
「N700A(N700系1000番代)」
の運行開始日が2012年9月26日に明らかになりました。

「N700A」の営業運転開始日は2013年2月8日で、1編成16両の投入となります。
なお、JR東海では、2013年度に「700系」のうち13編成を置き換える計画で、JR東海が保有する新幹線の70%が「N700系」系列になる予定です。

「N700A」の特徴は「省エネルギー」と「安全」で、車内設備の証明をLEDに変更して省エネルギーを実現し、中央締結ブレーキディスク、台車振動検知システムの採用によって、高速走行時の安全性をさらに高めています。

なお、「N700A」の「A」は「Advance」の「A」で、「進化」を意味します。